下肢静脈溜に悩まされている看護師さん

立ちっぱなしのお仕事をされている看護師さんは、 その見た目以上にかなりハードな仕事されています。 もちろん立ちっぱなしということよりも、様々な患者さんの相手をしなければいけないということがイチバン大変だとワタシは感じていました。 小さい頃はあまり看護師さんを身近に感じたことはなかったのですが、ちょっとした病気で入院したことをきっかけにワタシにとって看護師さんはとても身近な存在になっていったのです。 強くてやさしくて、思いやりのある看護師さん。 そんな姿を目の当たりにしているうちに ワタシにとって世の中でイチバン素晴らしい職業は看護師さんがなのではないかと思うようになっていったのです。

いつしか看護師さんの知り合いが欲しいと感じるようになっていたワタシ。 ありがたいことに友達の紹介で看護師さんのお友達を作ることができました。 みんなでお茶会などを開いていくうちに、少しずつ仲良くなっていったワタシと看護師さん。 かなりフレンドリーな関係になっていった時、ワタシは看護師さんから悩み相談を受けるようになりました。 その中で最も衝撃的だった悩みは、下肢静脈溜だったのです。 この下肢静脈瘤という病気は、まだまだあまり知られていません。

しかし、この病気はかなり厄介なのです。 立ちっぱなしの仕事をされている看護師さんにとって下肢静脈溜は職業病といっても過言ではありません。 それなのに見た目では、なかなかわかりづらいのが下肢静脈溜なのです。 ふくらはぎ辺りにプクッと血管がふくらんだ状態になるので、女性にとっては非常に深刻な悩みになってしまう下肢静脈瘤。 最近は日帰りの手術も可能になっているようですが、手術をうけるには結構な費用が必要らしいのです。 でも、このままでは辛いので、ワタシが仲良くさせて貰っている看護師さんは真剣に手術を考えていました。



Copyright (C) 2007-2014 [子宝に恵まれた看護師さんは忙しい]. All Rights Reserved.